【ヘルスケア】瞑想 10日間、人と話さない、読み書きしない、食って座って瞑想して寝るだけ

【ヘルスケア】瞑想 10日間、人と話さない、読み書きしない、食って座って瞑想して寝るだけ

瞑想?

瞑想とは今起きている事、この瞬間の体験に意図的に意識を向け、評価をせずに、とらわれのない状態で、ただ観ることだそうです。

ブッダの時代から現代まで、途切れることなく、指導者から指導者へ受け継がれてきた瞑想方法であり、2500年受け継がれている瞑想方法です。

この瞑想施設は世界中にあり、日本にもあります。

10日間瞑想、11日目の午後瞑想は終了、12日目にコース終了。

人と喋らず、読み書きもできない10日間。

インターネットで予約ができます。

時期によって数ヶ月先まで予約が埋まっていることもある様です。

瞑想施設がある京都の山奥へ

京都駅から電車を乗り換えて40分で園部駅で下車。

大きなカバンを背負った、いかにも旅人してますって方から、小ぎれいなスーツケースを持った会社員風な女性、頭を丸めて袈裟を来ているお坊さん、今時の大学生、海外から来られた人が同じ電車から降りてくる、そして向かう先は同じバス停。

おそらく、この人達も行くんだろうか。

そこから路線バスで4〜50分は乗ってたであろうか。桧山バス停に到着する。

バスを降りて、バス停でしばらく施設から来るワゴンを待つ。

バス停にいたのは15人程だろうか、それとなく、近くにいた人とこれからの出来事に不安と期待を膨らませながら会話をしている。

しばらく喋ってたらワゴンが来る。もう日も暮れかけた頃。

ワゴンに乗って山道を20分走っただろうか。山奥で辺りも暗くて不安になる。

瞑想の注意点

到着したのは17時前。完全に山奥で外界から遮断されている。

バスを降りて、入り口をくぐりしばらく歩き、受付のある食堂に通される。

ここで貴重品(携帯、財布、鍵等)預けて、瞑想のルールが書かれた用紙を渡される。

瞑想期間中のルール

生き物を殺さない、盗みをしない、性行為を行わない、
嘘をつかない、酒や麻薬を使用しない。
人と目を合わせる事、読み書きの禁止。

誓約書の確認事項を読んでサイン。

生き物を殺さないので食事はヴィーガン。

盗みをしないのは当たり前として貴重品は預けてるので多分大丈夫。

性行為を行わない自慰行為も禁止、捻くれ者の自分は夢精したらどうするんだろうかと要らんことを考える。

嘘をつかないというか期間中は会話ができないので嘘つけません。

酒や麻薬を使用しない、もしタバコを吸うのであればこれは一番きつい。

人と目を合わせる事はできませんが偶然のタイミングで目が合ってしまうとお互い気まずい、読み書きはできないので瞑想して時間を潰す。

宿泊等は男女別に分かれていて、瞑想期間中の男女は瞑想ホールのみ一緒になります。

受付を済ませて宿泊棟に荷物を置いてからは喋る事はできません。

これを聖なる沈黙と言います。

聖なる沈黙は11日目の朝まで続く。

瞑想期間中のスケジュール

初日スケジュール

PM18:00 夕食は玄米、スープ、サラダ、コーヒー、ジュース、お茶のビュッフェでした。
PM19:00からスタッフの紹介とコース参加前の注意事項がありました。
PM20:00から初日の瞑想が行われます。
PM21:30 就寝

2日目から10日目までのスケジュール

AM4:00              起床
AM4:30-6:30        各自瞑想
AM6:30-8:00        朝食休憩
AM8:00-9:00        グループ瞑想
AM9:00-11:00       各自瞑想
AM11:00-PM13:00   昼食休憩(希望者は指導者と面談)
PM13:00-14:30      各自瞑想
PM14:30-15:30      グループ瞑想
PM15:30-17:00      各自瞑想
PM17:00-18:00      ティータイム休憩
PM18:00-19:00      グループ瞑想
PM19:00-20:15      講和
PM20:15-21:00      グループ瞑想(希望者は指導者に質問)
PM21:30             就寝
宿泊施設について

男子宿泊棟は4〜5部屋。

女性部屋へ男子は入れませんので分かりません。

相部屋でベッドのある部屋だったり雑魚寝だったり、部屋の割り振りは、特別な事情がない限りは予約順なのか。

バンガローの個室は古い生徒さんと奉仕スタッフ。

朝は宿泊棟の入り口前にある鐘の音で起こされる。

起きてから各自、部屋だったり瞑想ホールに行って瞑想。

寝る部屋は8畳くらいの板張りの部屋に8人、自分のスペースは畳一枚、布団の上だけ。

パーソナルスペースなんてものはない。

ゲストハウスのドミトリーに定員オーバーに人が詰め込まれている状態。

いびきや、おならの音で集中するのが難しい。

大晦日の某番組を思い出す。

ここで笑ったらケツを叩かれるんじゃないのかと。

2日目に部屋から一人いなくなり四日目にまた一人部屋からいなくなる。

その後、期間中に見かける事はなかった。

おかげで部屋が広くなり使いやすくなる。

二人が帰らなかったら自分が帰ってただろう。

瞑想ホールについて

瞑想ホールは宿泊棟の2階にあります。100畳くらいありそうな広いスペースでクッションが並んでいて、先生が中心の椅子に座って、ボランティアスタッフがその横に座り、男女別で古い生徒から順番に後ろに新しい生徒で並んで座る。

過去の講話が録音されたテープが天井に取り付けられたboseのスピーカーから流れる。

自己を観察することが重要だと説く。

呼吸に集中してからだの感覚、かゆいとか自分におきてる事をありのままに観察する。

自分はどちらかと言うと何かしていないと落ち着かないタイプなのできつい。

普段呼吸に集中することもないので最初は不思議な感じでした。

参加者は男女合わせて60人くらい。

食事と休憩について

朝食はトースト、玄米、サラダ、ドリンク 昼食は玄米や炊き込みごはん。

味噌汁やダルスープ、サラダ、ドリンク、すべてビュッフェ形式。

自分の近くに座っていた体格のいい体育会な青年は皿に盛れるだけおかずとご飯を入れている。

そして何度もおかわりする。

無言状態だとちょっとした周りと違う行動はとても目立つので注目の的であり、瞑想が終わった後の周りから突っ込まれることになる。

この状況でオナラでもしようものならとにかく大変である。

笑いを堪えて平静を装う事ほど大変な事はない。

朝食休憩、昼食休憩、ティータイムを終えてから、トイレ、シャワー、洗濯、歯磨き。

慣れてくると寝る前の空いてる時間にシャワー。

洗濯はトイレの洗面台の前に洗濯板とバケツが置いてあって、トイレの外に脱水機と物干し竿。

用事がない時は庭を散歩。

車も走ってない山奥、聞こえるのは鳥の囀りと風の音。

11日目と最終日について

11日目の朝、起床して各自瞑想。朝食休憩。ホールでのグループ瞑想。

ここまでは毎日のスケジュール通り。

AM9:30頃、宿泊棟の前にあるベルが鳴らされる。

聖なる沈黙が終わりの合図。

ベルが鳴った瞬間から周りがどよめき始める。

まだこの後、ホールでのグループ瞑想もありますが休憩時間は色々な人と感想を言い合ったり、各自瞑想を続けたり。

最終日は朝食を済ませて、部屋の片付け。

そしてお布施を払う。

クレジット支払いも可能なのはびっくり。

貴重品を受け取る。

施設から出る時間を決めるのですが一台の車に全員は乗れないので用事がある人から優先に、自分は10時ごろ。

それまでは奉仕作業で施設の落ち葉集めと木の剪定。

瞑想帰りに食べるラーメンの背徳感

10時過ぎに車に乗る。

行きは暗くて、よく分からなかった道も、昼間に通ると、よい景色。

桧山バス停に到着して、送ってくれたボランティアの方にお礼を言う。

帰り道のバスは瞑想帰りの人で満員。

この後何食べようかなんて話で盛り上がっている。

そして一番気になるのはお布施の金額。

考える事は一緒なんだなと安心する。

自分は沖縄とかにあるようなゲストハウスのドミトリー料金10泊分くらいをお布施として払う。

下界に戻ると人の多さとビルを見て何だかホッとする。

瞑想中の食堂で馬鹿喰いしていた体格の良い青年と駅までの帰り道が一緒になる。

せっかくなので京都駅で飯を一緒に食べることに。

一件のラーメン屋の前で足が止まる。

お互い顔を合わせて笑いながら、穢れますかなんて冗談を言い合う。

満場一致でコッテリ濃厚ラーメンに決定した瞬間である。

なぜかよく分からない後ろめたい気持ちで店に入る。

同じ瞑想プログラムに参加していたベテランっぽい人がラーメンを啜っていた。

そんなものである。

あの神聖で穢れなき瞑想修行の後、悟りを開いたはずの我々が向かった先が脂コッテリ、肉たっぷりのラーメン屋。

ある意味で下界の生活にリセットできた瞬間でもあった。

生きてて10日喋らないのは、まず経験する事はないので、貴重な体験でした。