【ジョブ】UBER EATS配達員 流行りの副業 体験談

【ジョブ】UBER EATS配達員 流行りの副業 体験談

始める前の事前準備と注意点
  • スマホにアプリをダウンロード
  • 住所、銀行口座、車両登録
  • 最寄りのuber Officeに行って記載事項の最終確認、説明、本登録(2020年3月時点)
  • uberバッグの購入

事前準備が終わって、uberバッグが手元に届いたら、早速配達開始。

登録が完了したUBERアプリを開くと、上記の画面表示。

出発ボタンを押すと、配達開始。

配達を始める前の注意点は現金払いを受け付けするか、しないか。

アプリ画面の右下のボタンをクリックすると現金払い受付をオン、オフで切り替えできる。

現金払いを受け付ける場合は釣り銭の用意が必要。

配達必需品と、役立つ便利グッズ

配達バッグの中は100均で買った保護シート、保冷バッグ、タオル。

保護シートやタオルで、配達する商品の隙間を埋めたり、冷たい飲み物や食事は保冷バッグ。

配達中はスマホホルダーがあると便利。

稼げる雨の日の稼働は防水ケースも必須

モバイルバッテリー必須。

1日稼働するなら10000mAhあると安心。

ハンドルバーに取り付けるバッグがあると便利。

バッテリーや小物を入れて、スマホをバッテリーに繋いで稼働できて便利。

自転車の場合、荷台をつけるのもあり。

シーポストに固定できる荷台、スチールシェルフ、結束バンドで固定。

ちなみにバッグは2.8kg、食事を入れる事を考えると、最低10kg以上の重さに耐えれる必要あり。

配達トラブル

住所不備

実際の住所とアプリのピンで表示される場所が違う。

お客さんに連絡をして正しい場所に配達。

大半は数百メートルの誤差、稀に指定された場所から4キロ離れていた経験あり。

お客さんと連絡がつかない

インターフォン、メール、電話しても、お客さんと連絡がつかない。

大半は住所不備、オートロックのマンション。

エントランスもしくは宅配ボックスに置いた旨をメールで送って配達を完了。

住所不備で連絡もつかない場合、画面の10分カウントに従う。

10分以内に配達を完了できなかった場合、商品は煮るなり焼くなり好きにすることができる。

商品の破損

自分の経験では到着してから商品を渡そうとした時、丼の蓋が少し空いていて隙間から汁がこぼれて袋の下に溜まっていた。

大半は蓋の上から更にテープやラップでしっかり固定されている事が多いのですが、稀に固定されてなくて蓋が空いてしまう場合もあり。

この時とった行動は、まずお客様に事情を説明、商品のキャンセル希望する場合はサポートセンターに電話。

少しの破損だった場合、お客さまに事情を説明すれば大半は納得していただけることが多い。

お客様がキャンセル希望の場合、サポートセンターに状況を説明してキャンセル手続き。

お店で商品を受け取る時、一度袋を開けて中を確認することで大半の商品トラブルは防げるかと思います。

特に配達の忙しい繁忙期の時ほど気をつけたほうがよさそう。

トラブルはマニュアルに従って対応、サポートセンターに相談。

簡単で確実に稼げる副業

自分の経験だと人口が多くて需要のある都市に限った話ですが

  • ランチタイムの11時〜14時とディナータイムの18時〜21時
  • 配達員が減る雨の日、寒い日
  • ピークタイムはプラス100円〜200円のインセンティブ

副業の場合、年間20万円を超える場合、確定申告の必要あり。

会社に内緒で副業する場合、20万円のラインを気をつけて稼働するのが無難。

面倒な人間関係もなく服装も髪型も自由。

マニュアルの指示に従い、安全運転でお店で商品を受け取り、お客様の要望通り(対面配達or置き配達)届ける。

慣れてくると自分を過信してしまったりする方なので、不親切な対応になってないかとか、ありがた迷惑になってないかとか気にしたりしてます。