気ままに生きるドットコム

【海外旅行】インド旅行 聖地バラナシ ガンジス川で泳いで痛い目にあった話

期待を裏切らないステレオタイプのインド

インドのヒンドゥー教の聖地、バラナシは旅の通り道のため4回訪れている。

初めてのインド旅行で半年間でインド一周した時に最初と最後に2回。

再びインド旅行で3ヶ月間、首都デリーの北の山岳地帯に旅行した時、最初と最後に2回訪れました。

メディアで紹介されるステレオタイプのインドがここなんだと個人的には思います。

インドといえばヒンドゥー教が人口の大半を占める国ですが現在はカーストなど表向きに無くなり、都市部では宗教色は薄れ欧米化した街並みと歩いてる若者もお洒落で先進国と変わらなさそうに観光客に見えたりしますが、地元民しか行かないような路地裏に入れば貧困も垣間見えたりします。都市部で見た路地裏の貧困もバラナシでは普通のことに感じます。観光地であるガンジス川周辺を歩けば嫌でも目にしますし、おおよそガイドブックに書かれたトラブルに出会えます。

観光客が最も集まるガンジス川沿いは狭い路地になっていて、宿、レストラン、土産物屋が並び、路地を歩けば、牛とすれ違い、その糞を避けて歩くのは一苦労、ぼったくり、詐欺、麻薬の売人に声をかけられ、それを避けるのはもっと一苦労。

おまけに狂犬病を持ってそうな野良犬に追いかけられ、散々である。

地元民にとってガンジス川は生活の一部であり、風呂、トイレ、洗濯、飲料水として機能している。もちろん生活排水も工業廃水も流れ、火葬場で焼いた死体を川に流す。

川岸のガートを歩けばその生活が垣間見れるが、考えるだけで恐ろしい。

そしてここ歩いても、物乞いに金をせびられ、ヒンドゥー教の修行僧は昼間から大麻を吸っては、観光客を誘い、耳かき屋や、物売りにしつこく声をかけられ、付きまとわれる。

とりあえずほかっとくに限る。

最後に訪れてから10年以上経っているが、現在のバラナシの状況をブログやSNS、YouTubeの配信で確認しても、街の景観も喧騒もしつこい客引きも変わってないのは驚きで、いやもっと昔から、1970年代のバラナシの旅を記した沢木耕太郎の深夜特急を今読んでも、バラナシの描写には共感できてしまう。

東南アジアのバックパッカーの聖地と呼ばれた場所は発展して昔の面影がなくなり、情報もアップデートされているが、このバラナシは今訪れても相変わらずだなと思うのだろう。

宿の隣人に誘われガンジス川で泳ぐ

話はずいぶん前にさかのぼるが、初めてのインド旅行、初めてのバラナシを訪れた当時20歳の自分にとって、この街はとにかく衝撃的で刺激的。

泊まった川沿いの路地の奥まった宿は、家族経営で敬虔なヒンドゥー教徒で頑固だけど律儀な親父が宿番で仏のように優しいママが料理を作ってくれる。当時は水シャワーで、インド式トイレとお世辞にも設備は整ってないのですが、アットホームで居心地は良くて、リピーターも多く、共同ホールの本棚に旅人の残していった本がずらりと並んでいた。

隣の部屋はロンドン出身のインド系イギリス人。初めて会った時はイスラエル人かと思っていたが、パンジャブがルーツの移民で高校で物理を教えていると言っていて、趣味でブリティッシュロックのバンドでボーカルをしているそうだ。当時パンジャビmcが流行った時期だったが、あいにく10以上歳の離れた先生の好きな音楽は正統派ブリティッシュロックだったので喉の奥まで出かかった言葉を飲み込む。

マフィア映画が好きな先生はアルパチーノの映画のシーンをよく真似していた。特にスカーフェイスの時のアルパチーノが好きな様だ。きっと自分の親父と話が合うだろう。

その隣の部屋は同じくロンドン出身で映画スターのユアンマクレガーそっくりな坊主頭のイギリス人。歳が近いせいか、音楽の趣味が合って盛り上がった。当時はまだ珍しかったiPodにポータブルスピーカーを繋いでハウスミュージックやトリップホップをよくかけていた。

この時にブリティッシュアクセントがとても綺麗なのだと、英語の苦手な自分でもわかった。

ある日、先生と坊主頭のイギリス人、自分の3人でボートを借りて川の対岸に行くことに。

対岸に辿り着くと、先生は服を脱ぎ始めてパンツ一枚に。どうやら泳ぐつもりらしい。

対岸は不浄の地とされていて砂浜になっていて人はいない。確かにコンクリートのガート側に比べれば、水は綺麗かもしれないが、それでもとても濁っていた。

ここまで来てしまったので結局自分も含めて3人揃ってパンツ一枚でガンジス川に飛び込む。

川遊びが終わり、宿に戻ってシャワーを浴びて、晩飯。

宿の親父にガンジス川で泳いだと話したら、とても良いことだと喜んでいた。彼は敬虔なヒンドゥー教徒でありバラモン(聖人)だ。

晩飯を食べて、泳ぎ疲れたせいか早めに就寝。

ガンジス川で泳ぐのはお勧めしない

翌朝起きたら体の関節が痛くて、頭痛、吐き気に下痢。

発熱していて動けず、とにかく水を飲み、解熱剤を飲んで寝る。

絵に描いたようなインドの洗礼を受けることとなった。

隣の部屋の物理の先生と、坊主頭のイギリス人は心配そうに、ガンジス川の水飲んだんじゃないのか?なんて言って、とにかく薬と水を飲んだほうがいいよと、宿のママに話したらジンジャーレモンの紅茶を作ってくれた。

2日目は発熱は治り歩けるようになったのでフルーツと飲み物を外に買いに行くことはできた。

相変わらず関節は痛いし、吐き気も若干、下痢というか水分。

3日目はようやく関節、吐き気は治り、水分だった下痢も下痢になる。

4日目はだるさはあるものの、ようやく軽い食事ができるようになった。

本棚に旅人が置いてった月刊旅行人が10冊くらいあったおかげで寝込んでる間に隅から隅まで何度も熟読したおかげでバックパッカーのイロハをここで学ぶことになった。

回復してから宿の親父にこの出来事を話したら、ガンジス川でそんな事は絶対ありえない。ガンジス川は聖なる川なんだと憤慨される。彼は敬虔なヒンドゥー教徒であり、バラモン(聖者)なのだ。

結局原因は不明であるが、心当たりはこれくらいしか思いつかない。

少し前の日経新聞の記事によるところ、インド紙のヒンドゥスタン・タイムズがバラナシのガンジス川の水質調査を行い、調査地点では、100ミリリットル当たり500個という基準値に対し9~20倍の大腸菌が検出されたと報じられたそうです。

ガンジス川で泳いでから15年以上経つが、川の水質も相変わらず。

そりゃあそうだろと納得してしまう。

そしてこの散々だったバラナシの思い出も未だに色褪せず記憶の片隅にあるのでした。