気ままに生きるドットコム

旅先の仏像

  1. 「銅造阿弥陀如来」 鎌倉の大仏。台座を含めて13メートルもある青銅でできた大仏は制作された当初の状態を保っているそうです。
  2. 「東大寺盧舎那仏像」 奈良の大仏。大部分は補修され、当初の制作された部分はごく一部であるそうです。
  3. 「エレファンタ島石窟群」 洞窟に8世紀頃、壁に掘られた彫刻は17世紀にポルトガル人が銃の練習の標的としていたため写真の様に彫刻の外観を損なっているそうです。
  4. 「仏教寺院ワットセーン」 ルアンパバーンの寺院にある大仏。東南アジアの上座仏教の仏像や寺院は金色で煌びやかだ。
  5. 「アンコールワット」 ポルポト時代に首をはねられた石像。
  6. 「アユタヤ遺跡」 ワットロカヤスタのスリーピングブッダ。