花粉症 鼻レーザー治療 体験談

花粉症 鼻レーザー治療 体験談

効果的面

毎年1月終わりから悩まされる花粉症。鼻で息ができない。

そんな方に必見なのは鼻粘膜焼灼術(花粉症レーザー)です。

保険適用で手術前の血液検査、手術、術後の通院で合計2万円するので、個人的に安くはありませんが、術後2シーズンくらいは症状が軽減、効果を実感できました。

手術について

まず麻酔を染み込ませたガーゼを鼻の両穴にこれでもかと思うくらい奥まで突っ込まれます。

細長い10cmくらいのガーゼがこんなに奥まで入るのかと思うと不思議な気分になります。

10分くらいしてガーゼを取り出すと鼻の穴の感覚はないです。

その後、鼻の穴の粘膜をレーザーで焼きます。

麻酔が効いているので、全く痛みはないです。

粘膜を焼いている音と、粘膜を焼いた煙と匂いは、何だか気味が悪いと思いました。

両穴の粘膜を焼くのに10分程度でした。

術後20分ほど待って、止血の確認をして帰宅。

麻酔がきれて、痛みはあるのかと思ったけど全然ありませんでした。

3日くらい経つと瘡蓋ができて、血の混じった、今まで見たことのない大きい鼻くそが出てきました。

しばらく続いた大きい鼻くそも3週間くらい経つとなくなりました。

術後

2年経過しました。

1年目の花粉の時期は鼻水は若干出るものの、くしゃみ、咳の症状がない。

口でしか息ができない状態はなくなり、個人的に革命でも起こったのかと思いました。

基本、年中アレルギーで鼻詰まりが当たり前の自分にとって、鼻が通ることが多くなったのが不思議でしょうがない。

2年目は1年目に比べると薄れている様な気がしますが、気がすると感じる程度。

効果は継続していると感じました。

薬も毎日服用することもなくなりました。

もし花粉症に悩まされている方は、一度相談してみてもいいのかと思いました。