旅行人のワルリー画の手ぬぐい

旅行人のワルリー画の手ぬぐい

デザインもお洒落、使い勝手もGOOD

バックパッカーのマスターマインド、旅行人ホームページで購入しました。

ワルリー画はインド西部マハラシュートラ州(州都はムンバイ)のターネ村に住むワルリー族が描く壁画で、元々は米の粉を水に溶いて土壁に描いていたそうです。

1970年代にインド政府の目に留まり、紙に描かれるようになり、世界的に知られるようになり、今では刺繍や葉書が売られています。

インドを旅行した経験がある方は、もしかしたら、どこかで見たことあるかも。

日本だと新潟の十日町市にあるミティラー美術館でワルリー画の展示があるそうです。

デザインも良くて、バンダナの様に頭に巻いたり、タオルの様に使用できて山登りに活躍する予感。

値段も税込880円でお手頃。→購入ページ