鈴鹿山脈 藤原岳 スノーハイク

鈴鹿山脈 藤原岳 スノーハイク

チェーンスパイク大活躍

三重県いなべ市と滋賀県東近江市との境界にある、標高1144m、花の100名山、藤原岳に登りました。

登山開始

西藤原駅近くにある登山口駐車場に到着したのは午前8時頃、平日に関わらず駐車場は満車に近い盛況ぶり。準備を済ませて8時半に登山口を出発した。

登山道は整備されていて登りやすい。樹林帯を1時間近く登っただろうか、雪がちらほら山肌に残っていた。5合目を過ぎたあたりから登山道が徐々に雪道に。

ここでゲイターを装着。

8合目に辿り着いた頃には、すっかり雪道になっていた。ここでチェーンスパイクを装着する。

チェーンスパイクがあると滑らない

チェーンスパイクを装着するだけで歩きやすさが全然違う。雪道もガシガシ登っていける。

しばらく登っていたら、後ろから声が聞こえた。声をかけられたと思い振り向くと、自撮り棒に装着したスマホに向かって一生懸命喋っている。

おそらくYouTubeにでも動画をアップするのだろうか。

登山系のYouTubeチャンネルは登録数が多くて、面白いチャンネルも多いから、よく視聴するが、華やかなYouTubeチャンネルの裏側は地味で苦労が多い事が見ていて伝わってくる。

樹林帯を抜けて稜線に出る。眼下に伊吹山や白山が見える。

雪焼けして目を痛めそうなのでサングラスをかける。

藤原山壮に到着したのは11時だった。トイレが綺麗なのは嬉しい。

目の前には藤原岳の頂が見える。

ここまで来たら、あと少し。

山頂到着

山頂に到着したのは11時半。

天気が良くて、頂上からは白山、北アルプス、乗鞍、御嶽、中央アルプスが一望できました。

しばらく景色を堪能して、山荘に引き返す。

天気が良いので、外で昼食。

下山は滑るのでストックを使いました。スノーバスケットあると雪に埋まらなくて便利。