iphone7 自分でフロントパネルと近接センサー交換後の不具合について

iphone7 自分でフロントパネルと近接センサー交換後の不具合について

フロントパネルや近接センサー交換で気をつけたい事

あ〜やっちまった〜。

iPhoneを使ってたら、一度は経験した事ありませんか?

アップルストアで修理してもらったり、専門の修理業者に修理してもらったり。

今はインターネットのサイトやyoutubeを見たら交換の仕方が分かり、インターネットのショッピングサイトで部品が買えるので自分で交換される方も増えていると思います。

今回は自分で交換して感じた事と注意点を書きたいと思います。


今回フロントパネルの破損によって、某インターネットショッピングサイトでフロントパネルの購入。

フロントパネル交換中に近接センサーを断線して、近接センサーも購入するハメになりました。


購入したパネルと近接センサーの交換をしました。

新品のフロントパネルの赤枠で囲った部分に新品の近接センサーを取り付けました。

行った作業としては

背面パネルとフロントパネルを分ける

  • フロントパネル下部のボルトを星形ドライバーで外す
  • 吸盤で持ち上げてフロントパネルを開ける
  • 背面パネルとフロントパネルはケーブルコネクターで接続している。背面パネル側に差込口の固定版4箇所ボルトが留まっている。y字ドライバーでボルトを外して、固定版を取り除いて、ケーブルコネクターをヘラを使用して外す。
  • 背面パネルと近接センサーもケーブルコネクターで繋がっている。背面パネル側固定版にボルトが2箇所留まっている。プラスドライバーでボルトを外して、固定版を取り除き、ケーブルコネクターをヘラを使用して外す。

フロントパネルについているスピーカー、近接センサーとホームボタン、バックプレートを外す

  • フロントパネルのスピーカーの固定版はボルトが3箇所留まっている。プラスドライバーで外す。固定版を取り除き近接センサーのカメラをずらしてスピーカーを外す。
  • 近接センサーはボルト3箇所留まっているのでプラスドライバーで外して、近接センサーをゆっくり剥がして取り除く(近接センサーは接着剤でフロントパネル に固定されている)
  • ホームボタンの固定版は4箇所ボルトが留まっているのでy字ドライバーで外す。ホームボタンはフロントパネルとケーブルコネクター接続しているので、接続を外して、ホームボタンを取り除く。
  • フロントパネルとバックプレートはボルト6箇所で固定されている。プラスドライバーを使用してボルトを外してバックプレートを取り除く。

新しいフロントパネル に古いパネルから外したバックプレート、ホームボタン、近接センサー、スピーカーを外した手順と同じ手順で取り付ける。

背面パネルにフロントパネルと近接センサーのケーブルコネクターを接続する。

交換作業の仕方は、iPhone7 フロントパネル交換でネットを探したらいくらでも出てきますのでご自身で分かりやすいサイトが見つかると思います。


アマゾンで交換パネルは2500円前後、近接センサーは1500円前後で購入できます。


交換後

交換後、パネルは純正に比べると、色彩は若干暗く、画面のタッチ具合は鈍く劣る。

一週間後、受話器の音量やインカメラが使えなくなる。

再起動、リセット、リカバリー、分解して接触不良がないか確認。

受話器の音とインカメラなので近接センサーの不良によるものが原因。

返品して新しいものに交換してもらう、今度は交換した途端、iPhoneが再起動を勝手に繰り返す。バッテリーが熱くなる。

リセット、リカバリーしても同じ。

購入した商品のレビューを読むと、同じ症状の人が多数。

どうやら当たり外れがあるようです。

結局返品して、オークションサイトで1000円ほど高い純正再生品のパネルと純正近接センサーを購入、それ以降問題なく使えるようになる。


まとめ

今回自分で交換作業してみて思ったのは、交換作業自体はおそらく慣れればすぐできる様になると思いました。

重要なのは部品選びで、部品がきちんと動作するかどうかだと思いました。

購入レビューを読めば当たり外れがあるのは分かるので、そこで安く購入して当たりが出たらいいですけど、外れた時の返品や取り付け作業の時間ももったいないので、もう少しお金を払って純正品を購入するのが無難だと思いました。