【登山】トレランシューズで登山して感じた事 【アルトラ ローンピーク】

【登山】トレランシューズで登山して感じた事 【アルトラ ローンピーク】

まずは足元から軽くしてみる

無駄を省いた、最小限の荷物で登山する、ulハイク、ファストパッキングと呼ばれる登山スタイルが雑誌や書籍、インターネットで紹介され流行っているそうです。

山登りを初めて少し慣れてきたので、装備品を見直そうと試行錯誤を考え、まずは足元から軽くしてみようと、トレランシューズを購入することにしました。

Zero Dropシューズ??

登山用品店を周りトレランシューズは色々試着しました。

どのブランドも軽い、そしてソールのグリップ、クッションがしっかりしているのは当たり前で、ブランドによって機能が異なるが、間違いなくどのブランドも高性能。正直選ぶのは難しい。

雑誌やウェブサイトで評判のいいアメリカのユタ州に本社のあるアルトラの靴をアウトドアショップで偶然見つけて試着。

他のトレイルランニングシューズと違って、不思議な感覚。

あの不思議な感覚が忘れられず、型落ちで若干値段の下がっていたアルトラローンピーク3.0をインターネットで購入。

2021年1月現在の最新モデルは6です。

不思議な感覚の正体はZeroDrop。

普通の靴のソールは踵が若干高くなってて、つま先に向かって低くなっているけど、Zero Dropのソールは踵からつま先までフラットなので足裏がソールに乗っかってる状態。

足裏の感覚が掴みやすいと言われています。

他のトレランシューズと違う一番の特徴です。

そしてつま先の幅が広いので甲高の日本人の足の形にあってるそうで、足の指が動かせる。

実際に山で履いた感想

実際、山に履いて登ってみた。

軽い、思った以上に岩場でグリップ効く。

そして走るのがめちゃくちゃ楽。

今までは足枷でもしていたのかと思うほど。

そして一番印象的なのは足裏全体がクッションに乗っているような感覚。

これはZero Dropでしか味わえません、足裏でしっかり地面を捉えるので、足さばきが楽に感じます。

おかげでコースタイムは以前より30分以上は縮まった。

街で履いてもデザイン的に違和感ないのでおすすめです。