【登山】アルトラ ローンピーク 履いてみて納得 そりゃ人気だよね

【登山】アルトラ ローンピーク 履いてみて納得 そりゃ人気だよね

足元が軽いと気分も軽い

自分は荷物が多くないので、そんな足に負担がかかるわけではないのでトレランシューズで登山するのは都合がいいです。軽くてグリップがよく効く。

無駄を省いた、最小限の荷物で登山する、ulハイク、ファストパッキングと呼ばれる登山スタイルが流行っているそうで、トレランシューズで山登る人もよく見かけます。

他社の靴と異なる二つの特徴

アルトラの靴が特徴的な点としてまず挙げられるのはZeroDrop。

通常ソールはつま先に向かって徐々に低くなっているけど、Zero Dropのソールは踵からつま先までフラットなので、足裏がソールに乗っかってる状態で足裏の感覚が掴みやすい。

そしてもう一点、つま先の幅が広い。

甲高の日本人の足の形にあってるそうで、足の指が動かせる。

実際に山で履いた感想

自分が履いているのはローンピーク3で少し前のモデル。

2021年1月現在の最新モデルは6。

そもそもトレランシューズで登山すること自体が初めてだから、いままで足枷でもしていたのかと思うほど山を走れるから楽しくてしょうがない。とにかく軽くてグリップも効く。

履いてみて一番印象的なのは足裏全体がクッションにピッタリひっついてるような感覚。これは確実にZero Drop効果。

そしてつま先の幅が広いので足の指が動かせる解放感。足裏感覚がしっかりあるから地面をしっかり捉えることができて、足さばきが楽に感じる。

登山初心者に毛が生えたオッサンの自分でもコースタイムが30分以上縮まった。

これは良い買い物でした。