バイクで名古屋から新潟と仙台へ2泊3日、一般道で行ってみた

バイクで名古屋から新潟と仙台へ2泊3日、一般道で行ってみた

メインは新潟と仙台の観光

今回も懲りずにまた下道を使って遠出しました。以下のルートで有料道路はなるべく使わず下道で行きは名古屋から岐阜、長野の山道を通って新潟へ、新潟観光の後は山形の庄内平野を通って仙台へ、仙台観光の後、帰り道は福島、茨城、千葉、東京、神奈川、静岡の海沿いを通って名古屋まで帰りました。

名古屋から新潟まで10時間の旅

名古屋を出発してから日本海側に抜けるまで、岐阜、長野の真っ暗な山道をひたすら真夜中に6時間走る事になりました。

夜の23時に名古屋を出発。

国道19号を岐阜方面へ、岐阜県に入ってしばらく山道を走り、長野に入るとさらに山深い道。 3時間半ほど走るとようやく街に入り、松本市に到着。

小休憩。 松本から山道1時間半ほど走る。街の灯りが見える。長野市へ。 長野市で給油をして国道18号で上越市方面へ。

山道を1時間ほど走り、ようやく空が明るくなってきた。

道端にバイクを止めて、雄大な景色を眺めながら、しばらく休憩。

素晴らしい景色。

再びバイクにまたがり走る続ける事30分ほどで上越市に到着。

国道8号線で日本海沿いを新潟市へ走る。 ちょうど朝日の時間で気持ちよく走る事、1時間。

走っている道の両側が田園風景に。

田園をひたすら走り続け1時間半。

田園の広大さに驚く。さすが米所。

新潟市に到着

気付いたら景色が街並みになり、バイパスに入り、しばらく走ると遠くにビルが見えてきた。

駅前に到着したのは朝の8時過ぎ。 北陸地方の政令都市で日本海側の都市では人口80万人で最も大きい都市。 駅前にバイクの無料駐輪場を見つける。バイクを止めて、早速駅前を散策。 駅前の壁にグラフティーやクラフトビール館。

今回の新潟市への旅で一番楽しみにしていた場所、ぽんしゅ館へ向かう事に。

ぽんしゅ館

500円でコイン5枚と交換。 その時お猪口も一緒に渡されて、自販機にコイン一枚入れてお猪口一杯試飲できます。 カウンターに各地の塩が並んでいるので、塩を舐めながら試飲できます。 バーカウンターの奥に並んでるお酒は、コイン3枚で試飲でき、自分はブランデー樽で貯蔵したお酒もいただきました。

所在地:〒950-0086 新潟県新潟市中央区花園1丁目1−1 ぽんしゅ館 新潟駅店
営業時間:9時〜21時
ぽんしゅ館のホームページを見る
新潟市内を散策

最近あまり飲まなくなったので、ぽんしゅ館で少し飲んで酔っ払う。 ほろ酔いで街を散策。 早速駅前に出ると飲み屋街があってデパートやビルが立ち並ぶ。都会感がありつつ、ビルも高くないので、空が広くて、道も広い。クリーンな街だなって思う。市場なんかあって、生活感も感じる。祝日でお盆だから、観光客が多いのかなと思ったけど、そんな事もなく、むしろ歩いてる人の数も多くない。

さらに先を歩く。

焼き魚を見ていたら、奥にブラタモリのポスターが貼ってある。きっとタモリさんもここで魚を食べたのだろう。

しばらく歩くと、新潟のランドマーク的存在の萬代橋。

橋を渡りしばらく歩くと繁華街の古町。

古町は芸妓の街として栄えていた歴史があるそうです。飲食店が多く、小洒落たカフェや洋服のお店なんかある。商店街では地元の野菜を並べて道売りしてる。お腹も空いてきたので、来た道を戻る。

駅前で昼間からやってる居酒屋を見つけて入る。

居酒屋はお盆休みなのか、一人飲んでる人、カップル、同窓会やってるグループ。地元な感じ。

お店を出る時、会計してくれた今時の大学生くらいのお店の人に新潟市の観光オススメを聞いてみると。 新潟市でですか?うーん、、、微妙な返事が返ってくる。。 駅前と万代が繁華街で萬代橋の袂を歩くのが気持ちよい。お礼を言って、店を出る。

新潟市は北陸最大の人口80万人を抱える政令都市である。同じ北陸の金沢市は人口46万人。ついつい比べてしまう。圧倒的に新潟市の方が人口は多いはずだが、金沢市の方が都会に感じてしまう。

浮かれた観光客やテレビのニュース、新聞でインバウンドと言われる訪日観光客も、ここ新潟市では見かけず。先ほどの居酒屋の店員さんの微妙な返事もうなづける。

疲れが溜まっていたので、ネットカフェを見つけて、夕方まで仮眠する。

新潟市から山形県の鶴岡へ

新潟市内に泊まろうか迷ったけど、仙台に向かう事にした。 早速日本海沿いの6号を走る。西陽を浴びながら海沿いを走るのは気持ちいい。気づいたら山形県の鶴岡市まで来ていた。

バイクを道路脇に停めて、スマホナビで場所の確認する。

ちょうど夕日が沈む時間でしばらく夕日を眺める。

台風の後だったので、波が高くて、少し荒れている。 しばらく休憩して、仙台へと向かう。