【グルメ】インド料理の定番 レンズ豆のスープを作ってみた

【グルメ】インド料理の定番 レンズ豆のスープを作ってみた

鉄分豊富で下ごしらえが簡単

レンズ豆は他の豆に比べて鉄分量が多いのが特徴だそうです。

植物性の鉄分は単体で食べても栄養として吸収されにくいみたいで、ビタミンcを含んだ食べ物と一緒に食べると吸収効率が上がるそうです。

南アジアではムング豆スープと同様にレンズ豆をポタージュ状のスープにしたダールスープは定番で、一晩水に浸すなどの下ごしらえなしで、すぐ茹であがるので他の豆に比べて調理が楽なのもメリットです。

ムング豆とレンズ豆は小粒で色も似ていますが、ムング豆は味が淡白で豆の食感はあまり感じず、他のカレーと混ぜて一緒に食べる脇役っぽい感じですが、レンズ豆は味が香ばしくて、食感もホクホクしていて、それ単体でも食べれます。

豆を煮込む

4〜5人前

  • レンズ豆 200g
  • トマト1/2 みじん切り
  • 青唐辛子1本
  • 塩 適量
  • チリパウダー お好みの辛さ
  • コリアンダーパウダー 小さじ1
  • ターメリックパウダー 小さじ1/2

750mlの水でレンズ豆を中火から弱火で30分、レンズ豆に火は通って柔らかくなった所で、トマトのみじん切り、青唐辛子、塩、チリパウダー、コリアンダーパウダー、ターメリックパウダーを投入。更に弱火で15分くらい煮込む。

美味さの決め手はテンパリング
  • 玉ねぎ 1/2 スライス
  • サラダ油 大さじ5
  • クミンホール 小さじ1/2
  • 鷹の爪1本(今回は使ってません)
  • ニンニク1片 みじん切り
  • 生姜 みじん切り

熱したフライパンにサラダ油を入れてクミンと鷹の爪を入れてパチパチしたら、ニンニク、生姜、玉ねぎスライスを入れて、玉ねぎが飴色になるまで炒めました。

フライパンの油ごとレンズ豆の入った鍋に入れると、油がはじけて香ばしい香りの蒸気がたちこめます。

更に10分ほど煮込みました。

仕上げに刻んだパクチーを入れて出来上がり。

細かく刻んだつもりが、切れてない部分が多く残ってしまって見栄えが悪いがしょうがない。

刻みパクチーを入れるとスパイシーさがグッとますので好きです。

最初はレシピ本を買って、それを見て作ったりしました。

旅先で作ってるところを見て、真似して作ったりましたが、レシピ本の数だけ、作る人の数だけレシピがあり、スパイスの配合や、調理手順は違うので、慣れてきたらいいとこ取りでアレンジするのがよさそうです。

とりあえず豆を煮込むだけでも美味しいですが、更にテンパリングすれば香ばしいダールスープができる気がします。

パウダースパイス入れすぎると粉っぽくなるのでご注意を。

今回のポイントは生姜とニンニクを少し粗めのみじん切りにしました。

おかげで焦がしニンニクと生姜が香ばしい仕上がりになりました。

レモン汁を絞って食べたりする人もいらっしゃるそうです。