【おすすめ禁煙方法】VAPEを使ったらタバコやめれた

【おすすめ禁煙方法】VAPEを使ったらタバコやめれた

電子タバコとVAPEで禁煙

タバコを吸わなくなって3ヶ月経ちました。

10年以上喫煙していた自分が、まさか辞めれるとは思ってもみませんでした。

今回は禁煙方法を紹介したいと思います。

紙巻きタバコを電子タバコに変える

いきなり禁煙するのはハードルが高いと思われますので、電子タバコに変えるのがいいのかと思います。

自分は元々アイコスを吸っていた時期もあって紙巻きタバコはあまり吸ってなかったので、リキッドカプセルのメビウスのプルームテックを吸ってました。

アイコスを吸ってた自分でも、かなり軽く感じて、慣れるまでは吸った感覚はあまりないです。

もしヘビースモーカーで紙巻きたばこから電子タバコにするのならば、まずアイコスにして慣れてから、プルームテックにするのが良いのかと思います。

最初の1ヶ月は病気の様にプルーム・テックを胸ポケットに入れて、いつでも吸えるようにして、紙巻きタバコを我慢してましたが、2ヶ月くらい経つと慣れてきました。

電子タバコからVAPEへ

プルーム・テックを吸い始めて3ヶ月も経つと、そもそもニコチンが入ってなくてもいいんじゃないかと気づきます。つまり煙を吸う行為が習慣になっているので、極論、ニコチンが入ってなくてもいいんじゃないと思いVAPEを購入して吸い始めました。

これが見事にあたって、今まで持ち歩いていたプルーム・テックからVAPEに変わりました。

1000円程度で購入できるリキッドは二週間くらいは持つので、タバコに比べるとコスパ良いです。

個人的リキッドは、吸いごたえのあるメンソールがおすすめ。

VAPEからタブレットへ

ニコチンを抜いて1ヶ月経過しただろうか、口寂しさをタブレットで誤魔化すことにしました。ようやく煙から解放されました。

とは言っても、吸ってる人が近くにいて匂いを嗅ぐとやはり吸いたくなります。

コーヒーを飲んだりすることも多くなりました。

タブレットもメンソール強めのカフェインが入ったものなどにしています。

タバコを辞めて3か月

禁煙始めた頃は街を歩いていたりして、タバコの煙に敏感でしたが、3か月経つと気にならなくなる。

今は喫煙所の近くを通って、人が集まっている光景を見ると、以前、街中や商業施設、レストランで血眼になって喫煙所を探していた自分を思い出す。

一体あの時間はなんだったのだろうかと思ってしまうのでした。