【グルメ】南インド料理の定番 ひよこ豆のココナッツ炒め スンダルを作ってみた

【グルメ】南インド料理の定番 ひよこ豆のココナッツ炒め スンダルを作ってみた

カレーリーフの香りとココナッツとレモンの酸味のバランスが絶妙

南インド料理の定番、スンダルを作りました。

ココナッツとレモン汁の酸味が心地いい、夏にぴったりの料理で、おかずでも、つまみでもいけます。

南インドには同じように野菜をココナッツで炒めた料理でポリヤルがあり、正直なところ、違いがあまり分かってないのですが、スンダルの方がスナックっぽい印象はあります。

使用した食材

4〜5人前

  • ひよこ豆200g
  • 青唐辛子1個
  • 玉ねぎ1/4 みじん切り
  • マスタードシード 小さじ1
  • ヒングパウダー 少々
  • 鷹の爪 1本
  • カレーリーフ 4枚
  • レモン汁 適量
  • ココナッツファイン 大さじ1
  • 刻みパクチー 適量
  • 塩 適量
  • チリパウダー 適量
  • サラダ油 大さじ4
調理の手順

乾燥ひよこ豆を前日の夜から水に浸けて戻し、1時間ほど茹でました。

フライパンにサラダ油をひいて熱したら、少量のヒングパウダー、カレーリーフ、マスタードシード、鷹の爪を入れる。

マスタードシードがパチパチ跳ねたら、中火で玉ねぎと青唐辛子を入れて玉ねぎが飴色になる程度に炒める。

茹で上がってザルに開けたひよこ豆を入れて、水気が飛ぶまで炒める。

塩とチリパウダーを入れ馴染ませる。

仕上げにココナッツファイン、レモン汁、パクチーを入れて完成。

ココナッツの香りと風味にレモンの酸味が合わさって、更に南インド定番、ヒングパウダーの独特の香りと風味、カレーリーフの柑橘系の香りが南国にいる気分にしてくれます。