【グルメ】パセリ大量消費 ビーガンマッシュポテト

【グルメ】パセリ大量消費 ビーガンマッシュポテト

ソイミルクで作ったマッシュポテトにパセリの香りがアクセント

スーパーで安くなってたパセリを1束買ったので、家にあったソイミルクとじゃがいもでマッシュポテトを作りました。

家の冷蔵庫にソイミルクしかなかったから、今回はビーガンマッシュポテトになりました。

ビーガンでもビーガンじゃなくても美味しいです。

緑黄色野菜の中でずば抜けて栄養価が高いパセリ

パセリはBカロテンが豊富に含まれた緑黄色野菜に定義されるそうで、ビタミンcの含有量は野菜の中でトップクラスだそうです。

原産はイタリア、アルジェリアらしく古代ローマの時代から食されてると。

日本の見る縮れたパセリは品種改良されたもので、ヨーロッパ、中東料理で使用される葉が平たいイタリアンパセリより香りと苦味が強いそうです。

コリアンダーは仲間らしいです。(WIKIより)

超簡単 茹でたじゃがいもと一緒に潰すだけ

マッシュポテトにするじゃがいもの品種はスーパーでお馴染みのホクホクで煮崩れしやすい男爵芋。

茹で時間がかからず潰しやすくて良いそうです。

4〜5人前

  • 男爵芋 5個
  • パセリ 1束
  • 塩 適量
  • 粗挽きブラックペッパー 適量
  • ソイミルク 150ml
  • ゆで汁 少々

刻んだパセリと塩、胡椒をボールに入れる。

皮を剥いて4等分にしたじゃがいもを弱火で柔らかくなるまで茹でたら、湯切りしてパセリが入ったボールに一緒に入れて潰す。

潰しながら茹で汁とソイミルクを入れてなめらかにしていく。

自分は面倒なので、じゃがいもの食感が残るくらいまでしかマッシュしませんでした。

自分が食べるだけなので片手間です。

更にザルでじゃがいもをこすとなめらかでお店で出てくる本格的なマッシュポテトになると思います。

バターや牛乳を使用してないので淡白になりがちなので、バルサミコ酢やレモン汁を入れると良いと思います。

自分は仕上げにレモン汁を入れました。

酸味がパセリによく合います。